シェパ山ただいまシェパ7頭!
1999年6月にヴァンチ1頭で始まったVANCH's ROOM、7年の時を経て、7頭になってしまいました・・・・。そしてVANCH's ROOMは今年で12年目に突入!

4ヶ月3日


さっき午後2時過ぎ、3Cをドッグランに入れて崖の草を刈ってた時。
場所を移動しようと立ち上がって前へ進んだ瞬間、
ふいに背後からヴィンスが走ってきて私の足の前に出た。
思わずよろけそうになり、

「危ないやん、人の前を行ったら。ヴィンス。」

と声掛けながら足元をうろついてるヴィンスに目をやると、

「ん??ち、ちっこい!あんただれ???!!」

瞬間、誰か分からず頭が「?」マークだらけ。
よく見ると、なんと、チャチャではないか!
ドッグランに居るはずのチャチャではないか!

脱走してきた・・・・んだ!!

ちうことは残り2頭も自由にそこら辺を嬉々として駆け巡ってるはず!!
あちゃちゃー!!
いま増築中でデッキの柱を取り払ってる、
そこにでも行こうものなら・・・うわうわ!!

慌てて足元でうろちょろしてるチャチャを捕まえ、

「あとふたり!急いで捕獲せんと!!」

チャチャの首根っこ捕まえながらドッグランに急ぐと、
なんと、サクサとクーヴォが扉の向こうからこっち見てる。

「おった。ほっ」

一安心、拍子抜け。でも一安心。
落ち着いてよく見てみると、鍵は掛かってるし。
ドッグランのフェンスはいつも通り。破壊された跡はどこにもない。
どっから逃げた?
もしかしたら扉の下の隙間から?

思い当たるのはここしかないのでここを塞ごうと、
とりあえず材木やらブロックやら、えんやこら抱えてきてえんやこら作業してると、

ちょい向こうでガサゴソ音が。
頭を上げて見やると、なんと、またチャチャが脱走してるではないか!
「へっへーん そこじゃないよー こっからだよ〜ん」ってな感じで。

くぅぅ こしゃくな・・・!でも教えてくれてありがとう、「そこだったんだ! 」

ヴリのサークルをのかした時、廃物利用、と、柵に使ってた、
そのサークルの棒の1本、そのまた下半分が、ボロボロに傷んで取れた状態になってた、
そのホンの小さな隙間から外に出てたんだ。
なんちゅうこと・・・・

柵のすぐ後ろは石垣やし、どうみても狭い狭い隙間だし、
まさかこの隙間から出ようとは・・・・思いもせんかった・・・・
ホントにあなどれんぞ、子犬。

応急処置はしといたけど、早急にもっときちんとしたものに作りかえること!
卑下で部!
2006年09月27日(水) No.215 (赤ちゃん)

4ヶ月2日


画像に書き込んだらここに書くことが無くなった。。。
ま、どすこいサクサはますます元気全開、
ドッグランでもひとり全身泥まみれ。
2006年09月26日(火) No.214 (赤ちゃん)

満4ヶ月!


もう4ヶ月。。。

午前11時。
姉ちゃんふたりが枕元でうろうろ暴れてても起きないクーヴォ。
牛みたいだ。

サクサもクーヴォも片耳垂れてなかなか立たないけど、
ヴリスの日記を見てたらやっぱり片耳垂れてて、
両耳ぴーん!は生後7ヶ月頃だ。
だから心配せんでよろし。
2006年09月25日(月) No.213 (赤ちゃん)

3ヶ月30日


ドッグランにあった物干台をのけてやった。
3Cが暴れてるちょうどこの辺りに物干台があった。広くなった。
どすこいサクサのすんごい顔。

実は広くするために物干台をのけてやったのではなく。
3頭がこげなふうに暴れまくるもんだから物干台の土台にぶち当たり、
物干竿が下に落っこちたのだ。

ガッチャーン!とすんごい音に飛んで見に行くと、
物干竿が2本、下に落っこちてた。
よくぞまあ怪我もせずご無事だったですこと。

よって、物干台をのけてやったのだ。
お犬様のために何だかんだと犠牲になっていく我家・・・・


2006年09月24日(日) No.212 (赤ちゃん)

3ヶ月29日


だぁぁぁぁっ!
サクサがケージをぉぉっ!

ま、ソフトケージだから破壊しようと思えばなーんちゃないだろうけど、
だがしかし、ここまでせんでもよかろう・・・・・

数日前から、内側からバリ・ベリと、布(?)を剥がす音は聞こえてた。
でもまさか穴が開くまではせんやろうと、タカをくくってたのがいけんかった。
こーんなにしてしもて・・・・

ここまでするか?! & よおここから脱走せんかったもんだ、
と、感心しまくらちよこ。

クーヴォも同じソフトケージのいっこ大きいのに入れてたんだけど、
クーヴォのはきれー。なーんにもしてない。
サクサ嬢ちゃんよ、あんたはオスか。

っちうことで、クーヴォのはきれーかったけど、ついでにクーヴォもアミケージに。
このケージ、好かんのよねぇ
子犬は足を挟んだりするんだよねぇ
使いたくないけど、もうケージがこれしかないんだよね・・・・・

このケージは壊さんどいてね、サクサお嬢たま。

2006年09月23日(土) No.211 (赤ちゃん)

3ヶ月28日


チャチャとサクサ。メスとオスのようだ。

デッキ手摺の間から顔を出して下を覗いてる。
子犬って隙間が好きなんだよなあ。
隙間があるとすぐ顔を突っ込む。

もっともっと子犬のとき、生後1ヵ月半くらいかなあ、
ラティスの格子の隙間に頭がすっぽり入って取れなくなったことがあった。
それもサクサとチャチャ。(同時じゃなく別々の日だけど)
瞬時にスポっと入ってしまった。

『ひゃんひゃんひゃん!』
『おーまいがっ!!何とかしなきゃ!!』
泣いてる子犬の頭、無理に引っ張るわけにはいかないし、
それでも何とか・・・・
結局もがいてるうちに自分の力で抜けて事なきを得たんだけど。
あの時はチョーびっくりしたです。
時間にしたら数秒くらいだろうけど、長ーく感じたです。
隙間には十二分な注意を払い、傍に付いて目を光らせててこれだもんなあ。

皆さんもじゅうぶんお気をつけください。
2006年09月22日(金) No.210 (赤ちゃん)

3ヶ月27日


特集の最後はやっぱこのひとでしょ。

「なんでわてのだけこんな写真やねん!可愛いのがあるやろ!可愛いのが!!」

うーーん
訓練士さんは『サクサの顔立ちは上品でよろし!』って言ってくれたんだけどぉ。。。
写真は性格が出るからなあ
2006年09月21日(木) No.209 (赤ちゃん)

3ヶ月26日


きょうはチャーちゃん特集。
きゃぴきゃぴしてるチャチャ、写真を撮るとどの顔も笑顔だ。
どすこいサクサの方が根が無くておおらかで明るい性格だと思ってたのに、
もしかしたらチャチャの方がより明るいのかも。

■一枚目
クーヴォのケージで遊んでる。
広いし中に敷物が敷いてあるし、「よかばいよかばい♪」。
ひとしきりゴロゴロヘソ天になって喜んでた。
2006年09月20日(水) No.208 (赤ちゃん)

3ヶ月25日


きょうはク〜ちゃん特集。
ここ数日、またまた長〜くなった。
ひょろひょろひょろり〜ん。
脚も胴体も。全体的に。
寝て起きるたび、ずん、ずん、って伸びてる感じ。
体高なんて女子組より5cmは高いような感じ。
いつの間にこんなに。。。。

週刊朝日を読むク〜ちゃん。(このあと食べてた。)
上から見てもひょろひょろひょろり〜ん。

卑下で部の醜いぶっとい縄文人足に比べてク〜ちゃんの脚のなんと都会的で現代的でスマートなこと!
2006年09月19日(火) No.207 (赤ちゃん)

3ヶ月24日


ありゃりゃ。
両耳立ってたクーヴォの耳、左が垂れとる。。。

クーヴォとサクサは仲がいい。
赤ん坊の時から、目が開いた時から、
クーヴォはサクサにくっついてまわってる。
どすこいだから頼りになるんだろなあ。

ほんまけ?
2006年09月18日(月) No.206 (赤ちゃん)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113][114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129]