シェパ山ただいまシェパ7頭!
1999年6月にヴァンチ1頭で始まったVANCH's ROOM、7年の時を経て、7頭になってしまいました・・・・。そしてVANCH's ROOMは今年で12年目に突入!

ヴリくんがお骨になってしまいました。


ヒゲデブが月曜日はどうしても休めないというので、
昨日、夜、ペット葬儀屋さんに家に来てもらい、
ヴリスをお山で火葬しました。

(もっともっとずっとずっと寝てるヴリスの姿を見ていたかった。
もっともっとずっとずっとヴリスを触っていたかった。涙)

軍団もドッグランに出して、家族全員でヴリスを見送りました。




電話で犬種と体重を言ってたのですが、
我が家に到着し、ヴリスを見た葬儀屋さんが、
「ずいぶん痩せてしまわれてるので、お聞きした体重よりずっと軽いと思います」
と、一つ下の体重クラスの料金に。

料金は安くなるけど、なぜか無性に悲しかったです。(涙)

「病気で亡くなられたのに、毛並みはとても綺麗ですね」って言ってもらったね、ヴリくん。

そう、最後は痛々しいほど痩せてしまったけど、毛並みは最後まで輝いたままでした。

競技会で遠征した時なんか、毛艶が無くなり、色も薄くなり、ぱさぱさになって帰ってくるのに。

ヴリスの毛を取ってますが、5日の日に体を洗ってやったので、
毛を鼻に当てるとまだシャンプーの匂いがするのです。
そしてほのかにヴリスの匂いも。
思わず号泣してしまいました。(涙)
2010年05月10日(月) No.1856 (病気::・闘!ヴリス骨肉腫)

力尽きました。


5月9日 午後1時50分

ヴリス、息を引き取りました。

7歳の誕生日まであと一ヶ月でした。


皆様、ヴリスに温かい励ましをいっぱいいっぱい、ありがとうございました。


最後まで一生懸命、骨肉腫と闘って闘って、生きよう生きようと頑張って、
でももう頑張れず、とうとう力尽きて、逝ってしまいました。

ヒゲデブと私の腕の中で、大きく息を3回して、心臓の鼓動が止まりました。

腫瘍が出来て10ヶ月、悪化して半年、ここまで本当によく頑張ったと思います。

ヴリスは本当に立派なジャーマンシェパードでした。


下は一週間前の夕方、運動場でボール遊びするヴリスです。
フードは食べなくなってましたが、遊ぶ気力体力はまだありました。
この後、急激に症状が悪化していきました。

一週間前まではまだこんなふうに遊んでたのに。。
もうこんな姿を永遠に見られなくなってしまった。号泣
2010年05月09日(日) No.1854 (病気::・闘!ヴリス骨肉腫)

みんなと最後のお別れ。


夕方、ヒゲデブと二人でドッグランまで抱えるように連れてきて、
軍団と一緒にさせる。

ヴリスの様子がおかしいのが分かるのか、みんな

遠巻きに見るだけで、近寄ろうとしない。

ヴリくん、みんなおるよ。
ヴァンチお母さん、ヴン兄ちゃん、ヴィンス姉ちゃん、サク坊、チゃ〜ちゃん、
みんなおるよ。


獣医さんと相談して今日から座薬を入れる。
だけど変化なし。

時折意識が混濁し、息遣いも荒くなる。
2010年05月08日(土) No.1853 (病気::・闘!ヴリス骨肉腫)

立てなくなった


完全絶食に入って今日で5日目。
昨日まで立ってなんとか歩けたが、今日はもう立てなくなった。
自力で歩けなくなった。
2010年05月07日(金) No.1852 (病気::・闘!ヴリス骨肉腫)

魂が抜けてるようだ


外に出てもすぐへたり込む。
もう大好きな運動場に行く気力も無い。

朝一番に出してやると、排泄したあと運動場にすっ飛んで行くのが毎朝の日課だったのに。

昨日から真っ黒な水様便をしてる。

ミキサーで粉末にした薬や鉄剤、アミノ酸やグルタミンを水で溶かしてシリンジで口に入れて与えた。
飲み込めずに半分はこぼれたけど。

(どろどろにしたフードも同じようにやってみたけど、全て吐き出した)

夕方、少し、ほんの少し具合が良くなって、歩いた。
ふらつきながら。

アバラが浮き出てガリガリだ。

ふらふらになってるヴリス・・・・表情が無いヴリス・・・
もう魂が抜けてるようだ。


どうして骨肉腫なんだろう。どうして口内なんだろう。
どうしてヴリスがこんな目に遭わなきゃいけないんだろう。

獣医さんによると、骨肉腫の痛みはものすごいらしく、
痛みでもがき苦しみ唸って泣いて暴れて、
その姿を見るのが辛くて、飼い主は安楽死を選ぶという。

ヴリスはそうならないので、同じ骨肉腫でも症状が違ってて、
腫れが柔らかくて、擦れて出血して、それが続き、
最後は出血による極度の貧血状態で眠るように・・・、

と言われた。
激痛が無いことが救いと考えるしかないが、
痛くて辛くてたまらないみたいだ、ヴリスだって。

口の中が腐っていってるみたいなのだ。
ものすごい悪臭がするのだ。

ただじっと耐えてるのだ。
じっと耐えてる姿を見るのもとても辛い。(泣)

もう頑張らんでいいよ、と言いたいけど、
ヴリスの姿を見られるだけでいい、このままずっと、
だからがんばって、とも思ったり。

それは私のエゴか。。。
一番辛いのはヴリスなんだから。。。
2010年05月05日(水) No.1849 (病気::・闘!ヴリス骨肉腫)

水も飲めなくなってる・・・・


今日も一日口にしたのは水だけ。
それもほんの舐める程度。
時折(水が)喉を通ると「ウガっ!」と苦しそうに吐く。
水も飲めなくなってるようだ。

口から血と一緒に膿のような物(とても臭い)がしきりに出る。

耳が真っ白だ。
血が行ってないんだろう。

午前中、訓練士さんが様子を見に来てくれた。
ケージの中で意識朦朧としてたのに、訓練士さんの車の音に反応して吠えてた。

外に出してやると、尻尾を振って訓練士さんに駆け寄って行った。
ふらふらよたよたしながら。

訓練してる時はイヤイヤながら行ってたのに。
こんなに喜ぶとは。意外だった。

5年間も一日おきに訓練士さんと会ってたんだもんね。
あちこちの競技会で訓練士さんと一緒に頑張ったんだもんね。
遠く長野までも一緒に行ったんだもんね。
懐かしかったんだろね。

「ヴリスみたいに頭のいい犬にはもうこの先出会えないだろう」

って言ってたよ、訓練士さん。

ちゃんと自分で考えて次の行動に移せるって。

ヴリスは本当に賢い子だもんね。
軍団でもヴリスみたいに頭のいい子は他にいない。
言わなくても自分のすべき事が分かる、教えなくても何でも覚えていった。
ヴリスは本当に手の掛からない子だった。

神様は残酷だ。
こんなに賢い子を、私が一番頼りにしてる子を、一番に奪っていくなんて。

急変する


昨日まで洗車してるときタイヤ咥えてきて「遊べや」言うてたのに、
今朝まで運動場でボール追いかけて楽しく遊んでたのに、

そのあと急変した。。。

水以外、いっさい口にしなくなった。
フードは食べなくても唯一食べてくれてたチーズさえ、口を開けない。

外に出してももう「遊べや」言わない。。

うつろな目をして意識朦朧としてる。
うつろな目をして頭を上げたまま、横になろうとしない。

夜、無理やり横にさせた。
だけどすぐ頭を起こす。

目の前にボールがあってももう遊ぼうとしない。

私の手の平にヴリスの左目から涙がぽとっと落ちた。
「痛いよ」「辛いよ」「きついよ」って訴えてるかのように。

どうしてやることもできない。
ヴリスを抱いて号泣してしまう。
2010年05月03日(月) No.1846 (病気::・闘!ヴリス骨肉腫)

ヴリスが頑張るから


私の体調がまだ100%じゃないので、ヒゲデブ、今日まで休んでくれた。

朝、犬部屋の入り口にでっかいムカデがいたので、
ヴリスと一緒に建物の周囲やデッキの隙間に木酢液を撒いた。

鼻からの多量出血が依然続いてるが、
一週間前から鉄剤や鉄サプリの投与量を規定の数倍にしたせいか、
貧血によるふらつきはだいぶ減少した。

今日は昨日よりフードを食べて、
朝は半分、夕方は時間が掛かったけど、なんとか完食(!)した。

腫瘍が口の中いっぱいに広がって、食べ物を口に入れるだけで痛いだろうに、
「よく我慢して食べてくれる」、と、一生懸命食べてる姿見て胸が詰まる。

尖った背骨を撫でながら、「去年まであんなに元気だったのに」と胸が詰まる。

尖った頭を撫でながら、「ヴリスの顔ってどんな顔してたんかなあ」と胸が詰まる。

涙を見せると心配するのでヴリスの前では泣かないようにしてるけど、
一人になった時に「なんでこんなことになってしまったの・・・」と、
ヴリスがかわいそうでかわいそうで、つい声を出して泣いてしまう。


ヒゲデブが今日、病院にステロイドを買いに行ったとき、
「(ここまで来ると)諦める人も多いのに、しぇぱ山さんはよく頑張ってますねぇ」
と獣医さんから言われたそう。

私達が頑張ってるんじゃない。
ヴリスが頑張ってるから私達も頑張れるんだ。ここまでやれるんだ。

ね、ヴリくん。

一生懸命一生懸命、「生きよう、生きよう」、と頑張ってるもんね。

ね、ヴリくん。
2010年04月27日(火) No.1838 (病気::・闘!ヴリス骨肉腫)

出るだけ出たら


朝までリンパの腫れに唾も飲み込めず唸ってた私、
耳も痛くて痛くて、頭痛もガンガン、
ヤケクソになって塩をいっぱい入れた塩水でうがいしたら(激痛!)、
血が大量に混じった痰が多量に出続け、
それが治まりかけた昼頃、ようやく腫れが引いた!すーっと!

あれはふつーの血のニオイじゃなかったな。
ヴリスが出す血のニオイだ。
きっと化膿してた膿が出きって、それで腫れが治まったんだろう。

まだ頭がぼぉぉっとしとるけど、
平熱だし唾も飲み込めるし水も飲めるし食べ物も食べられるし、

今朝まで喋ることもできずヒゲデブとは身振り手振りで意思の疎通してたのに、
今はほぼふつーに喋られる。

90%回復したっ!

良かったあぁぁ 長かったあぁぁ 一週間も寝込んでしもた。
20数年生きてきて(え?)初めての経験だった。

私が回復したらヴリスも少し元気になった!
今朝まで一口も食べなかったフード、夕方半分食べた!

カロリーメイトもぱくぱく食べてくれた。
グルタミンや鉄のタブレット、数個、ぱくぱく瞬時に食べたし、
チーズも食べてくれたので薬も与えられた。

腫瘍が広がって飲み込むのが痛いだろうに、
痛みを堪えて必死に食べようとする姿に涙が出てくる。

鼻からの出血は多いけど、顔は凹んで変形してぼこぼこになっとるけど、
必死で生きようと努力してる姿が痛ましい。(涙)

ヴリスの出血も、膿んだ腫瘍が全部出てくれてるのだったらいいんだけどなあ。
出るだけ出たら腫れが引いた、になったらいいんだけどなあ。

あ、私の腫れも左側だった。
2010年04月26日(月) No.1836 (病気::・闘!ヴリス骨肉腫)

保養所


ケージに入れると途端に生気を失い、がっくり重病人になってしまうので、
ドッグランにタープ建ててやって、天気がいい時はここで過ごさせることに。

今月に入って雨ばかりで、先週も昨日まで5日間雨続きだったせいもあるかも。
とにかくケージに入ると「ぼくもうすぐ死にます」になるのだ。

やっぱ土の上が一番、なのか、ここにいると出血もそう酷くない。
ケージの中ではポトポト落ちるのに。

ここだとどんなに血の海にしたっていいからね。
ただ、ヴリスの手足に付いた血にハエがたかってくる。
ハエ取りリボンを下げたらいいかもしれない。

鼻からの出血、ますますひどい。
貧血のせいで足腰がふらついてまっすぐ歩けない。

フードも全く食べない。
2010年04月25日(日) No.1834 (病気::・闘!ヴリス骨肉腫)

[1][2] [3] [4] [5] [6] [7]