シェパ山ただいまシェパ7頭!
1999年6月にヴァンチ1頭で始まったVANCH's ROOM、7年の時を経て、7頭になってしまいました・・・・。そしてVANCH's ROOMは今年で12年目に突入!

今度はヴィンスが。


ヴィンスの手術、無事終了。

ヴンタの胃捻転手術から1ヵ月、今度はヴィンスがこの姿に。

しきりに陰部を舐めるので、見ると赤く腫れあがり、白濁したおりものも出てる。
熱っぽいので体温を測ると39度5分もある。
病院に連れていくと、「子宮蓄膿症になりかかってる」、とのこと。

それが先週12日。

18日(つまり今日)に手術となり、それまで一日1回の抗生物質投与で様子見。

今日、12時から子宮摘出手術。
お願いして卵巣も取ってもらった。

陣痛が来なくて2回もお腹を切って死産したヴィンス、
最後の死産から約2年、ようやく心の傷が癒えた頃にまた腹を切られ、
またまたこの術後服を着せられ。

麻酔からもきれいに目覚め、経過も順調。

だけど、目が怒ってる。

ごめんよー
けど、ヴィンスのためなんだよー

これからは病気の心配しなくていいから、安心できるね。

初潮が来てから暫く生理が不順だったので診てもらったら、
「この子は先々子宮蓄膿症になる可能性があるから気をつけてて」と言われてたのだ。

先月ヴンタ、今月ヴィンス、
ヴンタもヴィンスも『不安材料』をスパっと切り取って、
今年は身も心も心機一転、
生まれ変わって明るく笑って過ごすのだ!
えいえいおー!
2008年01月18日(金) No.783 (病気)